梅酢で作る「梅塩」が美し! うまし!

カテゴリー:漬物
投稿日:2017.07.05

 今年の梅干し作りが一段落する時期になってきました。梅干し作りをすると出てくるのが梅酢。料理に使えばもちろん美味しいのですが、大量の梅酢を持てあますということはありませんか?

 そんなときは、梅酢から「梅塩」を作りましょう。塩味がきつくなく、甘味が感じられ、色も美しい「梅塩」は野菜料理にも魚料理にも、そしておにぎりにも合います。

 

梅塩の作り方その1【梅酢のみで作る】

大量の梅酢がある場合はこちらがおすすめ。作り方はごく簡単。梅酢を煮つめるだけです。梅酢1ℓで梅塩が200gぐらい作れます。

 

【作り方】

1./フライパンまたは土鍋に赤梅酢を入れて火にかけ、煮立ってきたら弱火にする。

2./時々かき混ぜながら煮詰めて20分ほど経つと、水分が蒸発し始める。

3./さらに10分程度かき混ぜて水分が飛んだところで新聞紙などに広げて乾かして出来上がり。

 

梅塩の作り方その2【塩と梅酢で作る】

梅酢がそんなにない場合はこちらの方法で作ります。梅酢の濃度はもちろん梅酢だけで作る梅塩には及びませんが、色の美しさと風味はさほど劣りません。

 

【材料】

・粗塩:200g

・梅酢:150cc

塩はミネラル豊富な粗塩を選ぶ

 

【作り方】

1./フライパンまたは土鍋に塩と赤梅酢を入れてへらでよく混ぜて火にかけ、煮立ってきたら弱火にする。

2./時々かき混ぜながら煮詰める。5分ほどするとへらが重くなり、8分ほどすると水分が無くなってくる。焦げつかないようにかき混ぜながら完全に水分が無くなったら、新聞紙などに広げて乾かして出来上がり。

フライパンに塩と梅酢を投入

 

熱して3分。泡がふつふつ

 

5分経過。へらが重くなる

 

8分経過。水分が無くなりサラサラに

 

新聞紙に広げて乾燥させる

 

 出来上がった梅塩を使ってアジの梅塩焼きと桜大根を作ってみました。アジの梅塩焼きは塩の代わりに梅塩を振るだけ。桜大根は大根の皮をむき、銀杏切りにして梅塩を振り少し揉んで半日寝かせます。どちらも梅塩の旨味が効いて絶品です。

脂の乗った旬のアジにぴったり!

 

薄ピンク色が食欲をそそる

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい