袋で漬ける!! 「国産熟成ぬか床」の乳酸菌パワー

カテゴリー:漬物, [PR]
投稿日:2017.07.07

 すぐ漬けられるぬか床

 漬物のなかでも高い人気を誇るぬか漬け。いま注目の乳酸菌がたっぷり含まれています。しかし、ぬか漬けは、手間がかかるもの。はじめの10日〜2週間ほどは、食べずに捨てる「捨て漬け」をして発酵を促さなくては、美味しい漬物ができるぬか床になりません。その後も、毎日必ずかき混ぜたり、水分や温度調節に気をつけないと、ぬか床に棲むさまざまな菌の働きが悪くなってしまうのです。

 こうした手間を一挙に解決してくれるキットがあると聞いて、はじめてのぬか漬けに挑戦してみました。漬けた翌日から、美味しいぬか漬けが食べられるそう。特別配合のぬかに、天然酵母をプラス(一般的なぬか床に比べ約240倍)することで、面倒な捨て漬けなどを省くことができるといいます。

 

 ぬか漬けでインナービューティ

 このキットは、インナービューティプランナーで管理栄養士の木下あおいさんが監修。インナービューティとは、「美しい自分になるためには、腸などの体の内側から整える食事方法が大切」というもので、その観点から毎日の食事に取り入れやすい食材の一つが、ぬか漬けなのです。

 ぬか漬けは、野菜そのものの栄養に、ぬか床由来のビタミンB1などビタミンやミネラルが加わります。食物繊維と植物性乳酸菌の働きで腸内環境が整えられ、美容や健康に役立つのです。

 

簡単ぬか漬けの作り方

【材料】

国産熟成ぬか床でおいしいぬか漬づくり:1セット(混合ぬか、天然酵母)

水:250ml

野菜:適量

※キュウリ、カブ、パプリカ、アボカドを使用

 

【作り方】

1./ジッパー付き保存袋に混合ぬかと水を入れ、全体を揉んでよく混ぜる。

袋の外から揉んでよく混ぜる

 

2./天然酵母を加え、しっかり揉み込む。

優しいみかんの香りの天然酵母

 

3./両端を切り落としたキュウリ、縦半分に切ったカブ、種をとり1/4に切ったパプリカなどの野菜を入れる。袋の外から揉んで、ぬかを野菜に密着させ、空気を抜いてジッパーを閉じ、冷蔵庫で漬ける。キュウリ、パプリカは1日程度、カブは2日が食べ頃。

野菜を漬け込む

 

4./アボカドは種と皮を除き、ぬかで全体を覆ってラップでくるみ、冷蔵庫で1日漬ける。

柔らかいアボカドはラップで

 

出来上がり

 

 〈感想〉

 はじめて漬けたぬか漬けなのに、本当に美味しく仕上がりました。かき混ぜや漬け込みも、袋の外から行えるのでとっても簡単。夏はやや短めに漬けて、サラダ感覚でたっぷり頂くのもいいですね。

 もう一つ嬉しいのは、冷蔵庫でぬか床を休ませておけること。通常のぬか床は毎日必ずかき混ぜる必要がありますが、このぬか床は酵母の力が強いため、1週間ほどならそのまま保存できるというのです。これなら、旅行や忙しいときにも、負担になりません。

 

【国産熟成ぬか床でおいしいぬか漬づくり】

セット内容:ぬか床・レシピブック・シール

使用期間:約1ヶ月(ぬか1袋)

内容量:350g(混合ぬか300g、天然酵母ペースト50g)

価格:1750円(税込)

http://www.didyco.jp/shopdetail/000000000004

 

【DIDYCOとは】

丁寧な時間を過ごすための、さまざまな体験を楽しめるオリジナルアイテムをそろえた、セレクトショップ。商品には、教材のプロ「学研プラス」作成のオリジナルマニュアルがついているので、自宅で気軽に、いつもの毎日とはちょっと違う体験ができます。

http://www.didyco.jp/

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい