からだに効く新デザート! 梅酒プルーンが美味しい

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.06.08

 ラムレーズンならぬ、梅酒プルーン誕生!

 去年漬けた梅酒がそろそろ出来上がるころではないでしょうか。ロックやソーダ割りで頂くのも楽しみですが、今年はその梅酒を使って新感覚デザート「梅酒プルーン」を作ってみませんか?

 漬け込む梅酒は自家製の梅酒だけでなく、自宅にある梅酒ならなんでも大丈夫。「買ってはみたものの、思った味と少し違った……」という梅酒の救済にもおススメです。甘い梅酒で作れば、とろりと甘くて濃厚な味に。お酒の角が残る梅酒で作れば、プルーンの甘さの後にお酒の香りが広がって、メリハリのある味に仕上がります。

 プルーンはビタミンや食物繊維が豊富で、美肌効果や便秘解消が期待できる美容食材です。そのうえ梅酒プルーンはラムレーズン同様デザートへのアレンジが利くので、女性の皆さんにおススメです!

 

【材料】

・プルーン:適宜

・梅酒:適宜

 

【作り方】

1./清潔な容器を用意し、プルーンを入れます。

2./プルーンが浸るくらいに梅酒を注ぎます。

ひたひたになるくらいが目安

 

3./そのまま冷蔵庫で2~3日漬け込んだら、出来上がりです。

プルーンが梅酒を吸ってふっくら

 

【活用レシピ:プルーンバター】

レーズンバターの要領で、プルーンバターを作ってみましょう。プルーン1に対してバター2の割合で混ぜ合わせれば完成。プルーンを食べやすい大きさに切ってから混ぜるのがポイントです。

クッキーやビスケットと相性抜群

 

【その他のデザートアレンジ】

プルーンの甘みと香りが移った梅酒の漬け込み液を使うと、大人テイストのフルーツソースに早変わりです。捨ててしまっては勿体ないので、プルーンと一緒にさまざまなデザートにかけてお楽しみください。

かき氷にかければ大人デザートに

 

ヨーグルトやアイス、ケーキにも

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい